【S33最終739位】ジガザシ軸〜3本の矢大作戦〜

しゅーぽけです

S33お疲れ様でした!

禁伝2体環境ラストに3桁順位を取れましたので構築記事に残します

最後まで読んでいただけると嬉しいです!

 

 

【結果】

 

【構築経緯】

ジガルデがどうしても使いたかったのでジガルデを軸に考えた

 

もう1体の禁伝はジガルデではどうしてもキツめなイベルゼルネザシアン黒バドらへんと戦えるザシアンを採用

 

①相手のザシアン黒バドをザシアンだけで見るのはキツいので負荷分散したい

②エースを安全に着地させる発射台

上記の両方をこなせるガオガエンを採用

 

ここまでではカイオーガに全て破壊されるので水無効枠+麻痺撒きでエースサポートをできるエレザードを採用

 

本パーティのエース2体はどうやってもヌオーを突破できないためヌオーを絡めたサイクルで簡単に止められてしまう

そのためヌオーを完全な起点として相手を詰ませるゴチルゼルを採用

 

最後は割と雑めに切り返しできるメタモンを入れて完成

 

 

【コンセプト】

①ジガルデで詰ませる

②ザシアンメタモンで殴り勝つ

ゴチルゼルで詰ませる

 

3本の矢からどれかを通す!(タイトル回収)

 

【個体解説】

ジガルデ@たべのこし

性格:しんちょう

特性:スワームチェンジ

50%フォルム:213(236)-121(4)-142(4)-x-136(68)-140(196)

パーフェクトフォルム:321(236)-121(4)-142(4)-x-136(68)-130(196)

サウザンアロー/とぐろをまく/へびにらみ/みがわり

 

H:パーフェクトフォルム時16n+1

AB:4振り

D:パーフェクトフォルム時4振りサンダーの暴風をみがわりが確定耐え

S:余り、可能な限り高く

 

第一の勝ち筋

技はテンプレのとぐろ型。一度相手の隙を見つけて身代わりか麻痺を撒いてしまえば多少の相性不利を無視して全抜きしていく怪物。基本的にはすてゼリフのへびにらみで相手を弱体化させてから安全に繰り出していく。調整については最低限に強く出られるラインまでDを確保し残りは全てSにまわした。理由はできるだけ多くのポケモンの上から動きたいというのもあるが一番はミラーを制したいから。ミラーは先に動いた方が勝つので上位記事等読みまくって絶対安全と思える場所まで振った。結果ミラーで負けたことは一度もなかった。(竜舞型は除く)

 

ザシアン@くちたけん

性格:いじっぱり

特性:ふとうのけん

197(236)-243(244+)-136(4)-x-137(12)-170(12)

きょじゅうざん/じゃれつく/インファイト⇄かみつく/でんこうせっか

 

H:6n-1 ほぼ特化

A:ほぼ特化

BD:B<D 余り

S:最速ガブリアス抜き

 

第二の勝ち筋

HSが主流になった今あえての逆張りHA。元々は筆者もHS使いだったが、HSが増えすぎてミラーが安定せず相手ので見るのが厳しくなってきたため割り切ってHAに転向。相手のは後述の(+の石火)で見ることにした。ほとんどの禁伝やはSにほとんど振らなくても抜けているためHAの方が使いやすかった。インファイトの枠は対策でかみつくを入れたり入れなかったりした。かみくだくではなくかみつくの理由は3割怯みが美味しいから。

の皮剥がすときにもワンチャン狙って打った。最終日に1回だけ活きた。かみつくだとダイマしたが死ななかったりするので多分かみくだくのが無難。

 

ガオガエン@ゴツゴツメット

性格:のんき

特性:いかく

201(244)-136(4)-144(164+)-101(4)-122(92)-58

バークアウト/フレアドライブ/すてゼリフ/おにび

 

H:ほぼ特化、奇数調整

AC:4振り

B:威嚇後、特化ザシアンのインファイト確定耐え

D:余り

S:最遅

 

エースサポート1

いかく、バークアウト、すてゼリフで相手の火力を削いでからジガルデに繋ぐのが仕事。最遅なのはミラーで下からすてゼリフを打ちたいから。素早さを下げていない

であれば下から動けるので無理矢理あくびループを切ることもできた。おにびは

の機能停止を狙って搭載したが、シーズン中盤にみがわり持ちに透かされてからはフラッシュバックして全然打てなかった。対策になるかわらわりでよかったかも。

調整はザシアンのインファ耐えと書いたが実のところ適当。。。(確定耐えが目的ならB76で十分)過去の記憶がないのでBDの調整は目的に合わせて見直した方がいい。

 

エレザード@きあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:かんそうはだ

137-x-73(4)-161(252)-114-177(252+)

ボルトチェンジ/なみのり/あくのはどう/へびにらみ

 

B:余り

CS:特化

 

エースサポート2

多分本パーティの選出率No.1。水技対策枠としてだけではなく、素早さ種族値109を活かした素早い麻痺撒き役として先発役を担ってくれた。元々あくのはどうの場所はくさむすびを入れていたが、パーティでに打点をもたないポケモンが多いため差し替えた。ついでににも強くなれたのが良かった。プレイングで気を付けることはHP1でも簡単に捨てないことを意識したほうが良い。裏にいるだけでの動きを制限できる。

 

ゴチルゼル@カゴのみ

性格:ずぶとい

特性:かげふみ

175(236)-x-161(252+)-116(4)-132(12)-86(4)

アシストパワー/コスモパワー/ちょうはつ/ねむる

 

H:16n-1 ほぼ特化

B:特化

CDS:余り

 

第三の勝ち筋

本パーティのエース2体に出されるの対策。一人だと積ませられるポケモンは多くないがのサポート有りだとかなり多くのポケモンを積ませることができた。(積ませられるポケモンの例は下に纏めておきます。)プレイングに関してはコスパを積み終わった後も相手を倒さず時間切れギリギリまではひたすらに遅延する。残り3分表示がでた頃にアシパで相手を倒し数的有利を作ってからねむるかダイウォールでTOD勝利する。リスクを冒してまで3縦は狙わない。

 

(+)で積ませられるポケモン

(剣舞持ちでなければ)

倒せはしないが倒されもしない(TODまで持ち込める)ポケモン

 

メタモン@こだわりスカーフ

調整等割愛

 

第二の勝ち筋

特に説明することもないが、一番の目的はをコピること。

相手に先に展開されてしまった時もこいつでなんとかできたりするので雑に強い。

色違いなのは昔筆者が「色メタモンでコピれば色ムゲンダイナとか色ウーラオス使えるんじゃね?」と思い頑張ったからです。全然色にならなくて草。

 

【選出】

基本は相手パーティによって臨機応変に対応だがざっくりは下記の通り

①パターン

++1

②パターン

or++1

③パターン

+2

+1枠にを入れた①+③や②+③の組み合わせはあるが①+②はなかなか無い

 

【重かったポケモン

じめんタイプ全般

既にお気づきの方も多いと思いますが本構築には浮いているポケモンが居ないため積極的に選出された。中でもなんとかなるポケモンとどうしようもないポケモンがいるので下記に代表的な例を纏めます。

 

なんとかなるポケモン

  

後投げでいかくを入れつつじしんを透かせる。じめんタイプ使用率No.1ポケモンだがこいつが一番簡単。こいつが地面枠のパーティが多いからこのパーティが成立しているのかもしれない。

のいかくからで詰ませる。じわれ持ちだとキツいが当たったことがなかった。

→初手に出てくることが多いのでを合わせる。雨さえ降らせなければ大した強くないので引いた後もを温存しダイマしにくい立ち回りを意識する。

→初手に出されることが多いのでを合わせて初手からダイストリームでゴリ押す。天候が雨になるので砂ダメで襷が削れない。初手にあくびを打たれるとキツいが打たれたことは無かった。相手視点からするとみがわり等警戒して打ちにくいのかもしれない。

襷ステロ

のいかく+すてゼリフからで詰ませる。剣舞持ちだった場合は逆に起点にされるが殆どは襷ステロ型で初手に投げられる印象だった。後からホームでデータを見たら剣舞搭載40%くらい居て驚いた。マッチング運が良かったからなんとかなってただけかもしれない。。

→とぐろ型はこちらのが全てのミラーを制してくれるため問題無かった。竜舞型は麻痺を入れらればなんとかなるが運頼りになる。

 

無理なポケモン

剣舞

→上述の通り基本無理。裏にがいればワンチャンあるが基本でなんとかしようとしてたため裏に居た記憶がない。

→無理of無理。相手の調整次第ではあるがでお互いビルドととぐろを6積みし合った後、相手のじしんでこちらのみがわりは壊されるが、こちらのサウザンアローで相手のみがわりは壊せない。麻痺を入れてめちゃくちゃ痺れさせるか詰み終わったあと急所にぶち込むくらいしか勝てない。最終日に爆増したので本気で焦った。

 

【感想】

禁伝2体環境ラストで自己新更新できて嬉しいです。牛歩ではありますが成長している証だと思います

それから今回改めてサブロムの必要性を感じました。今回最終日に良いところまで登ったときにまだ潜るか撤退するかで迷いが生じるためです

SVからは絶対2ロム用意しよ

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

Twitter:@ntmgj4a

【S31最終983位】イベザシ軸

しゅーぽけです

S31お疲れ様でした

 

今期は最終レート1807 983位という結果に終わりました

記事に残す程でもない結果ではありますが

最終日の構築の勝率が70%(24/34)と高く安定してたパーティだったのでもう少し時間を確保できればもっと上を目指せたのではないかと思っています

備忘録として書き留めたいと思いますのでよければ最後までお付き合い下さい

 

 

【結果】



 

【構築経緯】

説明不要の最強ポケモンザシアン+流行りの黒バドレックスやザシアンの苦手な日ネクロズマに強いイベルタルの2体をエースとして組み始めた

後にも書きますが今回のザシアンは最速剣舞型なのでメタモンにコピられるとかなりキツいです

そこでザシアン完全対策ポケモンのヌオーを採用

次にイベルタル軸に出て来がちなサンダーや流行りの黒バドレックス、イベルタルなど環境に蔓延る特殊ポケモンに滅法強いバンギラスを採用

型が多くてザシイベで明確に有利を取れず、ここまでのポケモンでは対策出来ていないカイオーガの対策要員+麻痺撒きによるエースサポート要員としてエレザードを採用

最後に技範囲が広く初手要員として優秀なガラルヒヒダルマを採用し完成

 

【コンセプト】

一般ポケモンでサイクルを回しつつ、隙を見てザシアンの剣舞orイベルタルダイマックスで全抜きを狙う

 

【個体解説】

ザシアン@くちたけん

性格:ようき

特性:ふとうのけん

191(188)-195(36)-137(12)-x-138(20)-220(252+)

きょじゅうざん/インファイト/ワイルドボルト/つるぎのまい

 

S:最速

H:16n-1

B:A+2メタモン(ザシアン)のきょじゅうざん確定耐え

D:DL対策

A:余り

 

最速剣舞ザシアン

剣舞最速の理由は以下の2つ

①ザシアン入りのパーティが多くザシアン同士のすばやさ対決に勝つことが重要

②HA型が主流なので剣舞で相手の読みの裏をかけると考えた

使用感はとても良かった

想定通りザシアンミラーを安定して勝つことができ、剣舞後は3縦も狙えた

技構成は増えつつあったホウオウに打点を持つためワイルドボルトを採用

インファイトの枠はザシアンに後投げされがちなランドロスに強いこおりのキバでも良かったかも

 

イベルタル@いのちのたま

性格:ひかえめ

特性:ダークオーラ

201-x-116(4)-201(252+)-118-151(252)

あくのはどう/ぼうふう/ねっぷう/きあいだま

 

CS:ぶっぱ

B:余り

 

流行りの黒バドレックスメタで採用したイベルタル

火力重視のため性格はひかえめ、持ち物はいのちのたま

イベルタルの強さはダイマックスしている3ターンに全てが詰まっていると考えているので威力重視でぼうふうを採用

またイベルタル対策にバンギラスを採用しているパーティが多くバンギラス引き読みに合わせることで受け崩しを狙うためきあいだまを採用した

こちらの使用感もとても良かった

狙い通り黒バドレックスに後投げして切り返しの起点にすることができた

また、ダイマ後の強さは全ポケモン中でもトップクラスでダイアークで全てを吹き飛ばしていく様は見ていて脳が溶けた

きあいだまは思っていたほど打つ場面がなかったのでふいうち等でも良いのかもしれない

 

エレザード@きあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:かんそうはだ

137-x-73(4)-161(252)-114-177(252+)

ボルトチェンジ/なみのり/くさむすび/へびにらみ

 

CS:ぶっぱ

B:余り

 

カイオーガの水技の一貫を切るために採用したが、

黒バドのアスビを無効にしたり、へびにらみによる麻痺撒きや思いのほか広かった技範囲で先発役も務めてくれた働き者

電気技は最初は10万ボルトだったが、このポケモンに火力を期待しているわけではなかったのでサイクルを回しやすくするためボルトチェンジに変更

タスキを温存したい場面で敵を殴りつつ交代できたのでボルトチェンジで正解だったと思う

 

ヌオー@ゴツゴツメット

性格:ずぶとい

特性:てんねん

201(244)-x-150(252+)-85-87(12)-55

ねっとう/どくどく/あくび/じこさいせい

 

H:2n+1

B:ぶっぱ

D:余り

 

ザシアン完全対策ポケモン

相手のザシアンやこちらのザシアンをコピーしたメタモンのストッパーになってくれた

期待していた役割はきっちりこなしてくれたが、今回の技構成については改善の余地しかなかったと反省している

A種族値170ザシアンのタイプ一致じゃれつくですら半分以下で抑える防御を持つヌオーにとって、ねっとうでやけどを入れたい相手は誰もいなくただの弱い水技でしかなかった

またあくびもゼクロムの起点回避目的でいれたがラムのみ持ちであっさり起点にされたり、ムゲンダイナのコスモパワーの起点にもされたりで全然想定通りにはならなかった

ねっとう→じしん

あくび→れいとうビームorまもる

など、ほかの技構成で試してみたかった

 

バンギラス@とつげきチョッキ

性格:いじっぱり

特性:すなおこし

207(252)-191(156+)-131(4)-x-132(92)-82(4)

ストーンエッジ/かみくだく/れいとうパンチ/じしん

 

H:ぶっぱ

BS:4振り

AD:フィーリング

 

調整雑でスミマセン...

ただそれでもきっちり働いてくれました

想定通り相手のイベルタルや黒バドレックスのストッパーとして働いてくれたのはもちろん、最終盤に増えたホウオウにも強く意外と忙しかったポケモン

技構成は後投げされることが多いランドロスやザシアンに刺さるれいとうパンチとじしんを採用した

意外と安易に交換してくる人が多かったので技構成はこれで正解だったと思います

 

 

 

ヒヒダルマ@こだわりスカーフ

性格:ようき

特性:ごりむちゅう

181(4)-191(252)-75-x-75-161(252+)

つららおとし/フレアドライブ/ストーンエッジ/とんぼがえり

 

AS:ぶっぱ

H:余り

 

初手投げ脳筋ポケモン

ほぼほぼテンプレ、ストーンエッジはホウオウ対策

何をされるかわかっていても強いのがこのポケモンの魅力

基本は初手の荒らし役だが、3匹目として最後の詰めを担うこともあった

 

【選出パターン】

各役割

先発

エース

受け(カイオーガと黒バド相手のみ)

 

①基本 先発1 + エース2

or +

ザシイベが問題なく通りそうなパーティにはエース2体選出でゴリ押し

 

メタモン入りのパーティ 先発1 + エース1 + 受け1

or   + +

or

or   + +

エースをコピーされた時の引き先となる受けを用意する

 

等の受けパーティ

ほぼ固定

力こそパワー

ダルマの技範囲とザシアンの剣舞とイベルのダイマで押し切る

 

【重かったポケモン

ゼクロム

テラボルテージでヌオーのてんねんが無効化されるので受けられない

ザシアンもじゃれつくを搭載していないので

イベルとダルマあたりで圧をかけて龍舞させないよう立ち回るしかない

 

エースバーン

ヌオーがいれば問題ないがエースバーンだけのために選出することはないので

エレザードで麻痺を入れるかイベルのダイマで無理矢理返すことになるが

それなりの痛手は貰ってしまう

 

ガマゲロゲ

すいすい型にダイマされるとかなりの痛手をくらう

(エレザードダイマしてダイソウゲンすれば理論上勝てるが流石に無理)

水、地面、草の範囲だと全員が等倍以上なので2発以上は耐えられず、平均1.8体くらいもっていかれる印象

 

【感想】

今回この構築は最終日に急遽組み替えたパーティだったのですが、

結果、開始時10000位前後だった順位から3桁まで引き上げてくれました

もっと対戦時間が用意できたらどうなっていたのか気になるパーティでした

ただそれも結局は言い訳なので、S32はより上位を目指して頑張ります!!

ここまで読んでいただきありがとうございました

 

Twitter:@ntmgj4a

 

【ポケモンバトルマスター決定戦 予選】最終レート1750 29位達成パーティ

はじめまして、しゅーぽけと申します

公式大会で良い結果が残せたので紹介します

今回初めて構築記事を書かせていただきます

至らぬ点もあるかと思いますが、最後まで読んで頂けたら嬉しいです!

 

【構築】

 

【構築経緯】

冠環境ということで、ランクマS12~14の使用率上位ポケモンをメタることで安定した勝利が見込めると考えた

 

【個体解説】

カプ・レヒレ@たべのこし

性格:ずぶとい

特性:ミストメイカ

177(252)-x-174(188+)-166(4)-151(4)-113(60)

ムーンフォース/なみのり/めいそう/まもる

 

H:16n+1

S:準速60族抜き、-1で最速100族抜き

CD:4振り

B:余り

 

ウーラオスやエースバーンなどの物理アタッカー全般のストッパー

状態異常を防ぐミストフィールドを貼れるのも優秀であくびループを簡単に切ることができるのも優秀だった

また、まもるを採用したことで

1. たべのこしの回復を最大限活かすことができた

2. 相手のダイマターンを枯らすことができた

3. とりあえず様子見で1ターン流せた

たべのこし+まもるのカプ・レヒレは是非一度使ってみて欲しい

 

テッカグヤ@とつげきチョッキ

性格:のんき

特性:ビーストブースト

204(252)-122(4)-169(244+)-128(4)-122(4)-72

ヘビーボンバー/じしん/いわなだれ/かえんほうしゃ

 

H:ぶっぱ

ACD:4振り

B:余り

 

ランドロスドリュウズなどの地面タイプアタッカー

ゴリランダーのグラススライダー

これらの一貫を切りたくて採用

とつげきチョッキウツロイドのメテオビームがキツそうだったので無理矢理受けて

じしんで返すために採用した

ダイマしたらだいたい1発耐えてくれるのはえらかったが火力が思っていたより出なかったのが残念だった

あとはやはりやどりぎ打ちたい場面が多かった

ヒレとたべのこし被りしなければやはりたべのこし一択だと思う

 

ウツロイド@パワフルハーブ

性格:おくびょう

特性:ビーストブースト

191(52)-x-68(4)-172(196)-142(4)-170(252+)

メテオビーム/ヘドロばくだん/サイコショック/くさむすび

 

H:16n-1

S:ぶっぱ

BD:4振り

C:余り

 

今回のMVP

高い特殊耐久を活かしてサンダーに後投げ

メテオビームでC+1、ビーストブーストでS+1

残りをダイマで押し切る

というムーブで安定して勝利に繋げられた

今回サブウェポンでラッキーに強く出れるサイコショックを採用したが、

残念ながらラッキーと対面することはなかった

テッカグヤに打点がなかったので10万ボルトにしていればなお良かった

そもそもの素早さが103族で高いので死にかけの相手に出して全抜きというパターンも多く今回のパーティのエースだった

 

ただメテオビームの命中率90%は心臓に悪いよ。。。

 

サンダー@アッキのみ

性格:ずぶとい

特性:せいでんき

191(204)-x-148(236+)-146(4)-111(4)-128(60)

ほうでん/ぼうふう/かいでんぱ/はねやすめ

 

H:16n-1

S:+1で最速アーゴヨン抜き

CD:4振り

B:余り

 

言わずと知れた神モン

相手に合わせて殴り合いも耐久もできるオールラウンダー

物理方面は努力値振り+アッキのみ

特殊方面はかいでんぱ

タイプ一致ダイジェッター

ほうでん&せいでんきの麻痺でワンチャン

弱い要素が見当たらない。。。

やはり文句なしの使用率No.1ポケモンだった

 

エースバーン@きあいのタスキ

性格:ようき

特性:リベロ

155-168(252)-95-x-96(4)-188(252+)

かえんボール/とびひざげり/ダストシュート/ギガインパクト

 

AS:ぶっぱ

D:余り。DL対策

 

タスキ枠

専用技でキョダイカキュウの媒体になるかえんボール

ヒレ意識のダストシュート

サンダー意識のギガインパクト

ラスト1枠をふいうちかとびひざげりで悩んだが、ラッキーやポリゴン2がきついのでとびひざげりを採用した

が、やはりふいうちが欲しい場面も山ほどあった

 

5枠目の技スペ求ム。。。

 

ウオノラゴン@こだわりスカーフ

性格:ようき

特性:がんじょうあご

165-142(252)-120-x-101(4)-139(252+)

エラがみ/サイコファング/げきりん/ロックブラスト

 

AS:ぶっぱ

D:余り

 

チンパンエラがみマシーン

水の一貫があるパーティには迷わず選出していった

HBぶっぱしたレヒレですら1回までしか後投げ安定しない程の壊れ火力なので

水無効特性の相手がいなかったら選出を検討してた

 

【重かったポケモン

第3位 ドラパルト

基本的にすばやさで上をとられているので

どんな型であれ何かしら痛手をもらうのがキツかった

 

第2位 ジバコイル

本パーティは地面タイプや電気無効特性がいないため

安定してボルチェンを押されたのがキツかった

こいつを倒せるエースバーンかウオノラゴンがサイクル戦で削り切られたら負け

 

第1位 ドヒドイデ

倒せない

ここぞの場面で急所引くしかない

 

【最後に】

今回の戦績は33勝12敗の全45戦でした

公式大会で自分の考えたパーティが通用してとても嬉しかったです

が、それと同時に最上位プレイヤーの方々にはまだまだ及ばないと思い知った大会でもありました

今回の結果に満足せず今後のランクマや大会でも上位をめざして頑張ります!

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

Twitter:@ntmgj4a